Bachi Bachi バチバチ Vol.01-15 torrent zip raw
01-15 torrent zip raw
心底震えが止まらない
これから始まる激熱い漫画の序章
サイコーに熱いバトル漫画。一気に3巻まで読め!!!

【レビュー】
チャンピオンでなければできなかった、この漫画。
チャンピオンだからこそ、ここまでできたこの漫画。
一話からすごく、面白いと思った。最後まで、全く目が離せなかった。 
チャンピオンコミックスにとって大事な一巻で、三回も感動させてくれたのは、この作品が初めてです。 とにかく目を奪われるのは見開き!迫力の必要なシーンで見開きや大ゴマなんてのは普通だが、それをココまで徹底されるともう脱帽。正直、雑誌掲載時はページをめくる度に震えていた。
前作に比べるとちゃんと女性を描けるようになったのも成長の後を感じるが、何より凄いのはむしろストーリー! 
買うべし!!!

【あらすじ】

鮫島鯉太郎は、横綱を狙う荒くれ大関・火竜の一人息子。彼は父の強さと格好良さを信じて疑わなかった。しかしそんなある日、火竜は酒の場の不祥事で複数人に重軽傷を負わせてしまい、相撲界を追放されてしまう。名大関火竜はそこで“死んでしまった”。それを期に周りの人々は火竜どころか鯉太郎にまで心無い中傷を投げかけてくるようになり、火竜は追放されたことを認められず酒に溺れる日々を送るようになる。そんな父の姿を見たくなかった鯉太郎は、体を張って勝負を挑み火竜を焚き付ける。鯉太郎によって目を覚ましたかに見えた火竜だったが、ある日大型車両に撥ねられて死んでしまう。“二度目の死”だった。その後、鯉太郎は火竜の友人の家に迎えられ、そこで育てられることになる。

成長した鯉太郎は、地方巡業の会場で素人ながら本職の力士をふっ飛ばし、周囲を沸かせる。主催者の虎城親方は単なるサービスと嘯き、それ以上やらせようとはしなかったが鯉太郎は力士数人がかりでしか取り押さえられず、挑発により観客を味方につけ幕下、猛虎との勝負を引き出す。血だらけになりながらも突進を続け、猛虎を土俵外へと追いやり勝利。それに目をつけた空流部屋の親方・空流が、鯉太郎をスカウトする。“死んで生きれるか”父の無念を晴らすため、或いは父の影を踏み越えるため…、鯉太郎の壮絶な相撲人生の始まりであった。 (Wikipedia参照)

Uploaded
Vol.01
Vol.02
Vol.03
Vol.04
Vol.05
Vol.06
Vol.07
Vol.08
Vol.09
Vol.10
Vol.11
Vol.12
Vol.13
Vol.14
Vol.15

Bitshare
Vol.01
Vol.02
Vol.03
Vol.04
Vol.05
Vol.06
Vol.07
Vol.08
Vol.09
Vol.10
Vol.11
Vol.12
Vol.13
Vol.14
Vol.15

Freakshare
Vol.01
Vol.02
Vol.03
Vol.04
Vol.05
Vol.06
Vol.07
Vol.08
Vol.09
Vol.10
Vol.11
Vol.12
Vol.13
Vol.14

Cloudzer
Vol.01
Vol.02
Vol.03
Vol.04
Vol.05
Vol.06
Vol.07
Vol.08
Vol.09
Vol.10
Vol.11
Vol.12
Vol.13
Vol.14